イメージ画像

最新情報

  • 2017年2月20日 · · · 営業車
  • 2017年2月18日 · · · 明日は休みます。
  • 2017年2月16日 · · · 行政文書開示請求
  • 2017年2月15日 · · · いつものペースに
  • 2017年2月10日 · · · 建設業許可業種追加
  • 建設業に関するよくある質問

    • 許可はとれる?
      元請会社に建設業許可の取得を求められたけど、うちは許可とれるのでしょうか?
    • 法人化
      法人化したいのですが、現在個人で取得している建設業許可はどうなりますか?
    • 公共工事
      公共工事を受注したいけど、どういう手続きをすればいいのですか?
    田野中写真

    建設業許可に関すること、お気軽にご相談下さい

    福岡シーサイド建設業許可事務所は、建設業者様向けサポートサービス専門の行政書士事務所です。
    建設業許可・経営事項審査・産廃収集運搬許可のことお気軽にご相談ください。

    営業車

    昨日は良い天気。波もあったので、1ラウンド気持ちよく入らせていただきました。

    海あがり、カレーで体をあっためて…

    車屋さんに。

    今の営業車、だいぶ古くなったので、買い換えです。

    軽自動車ですが、決算セールということで相当安くなるみたいなんで、今回は新車で検討!

    しかし、メーカー、車種で燃費ってかなり差が出てるんですね。新車だったらどこも変わらないと思ってたけど、リッター10km以上も差があると…

    あんまり考えてなかった車種、燃費がスゴくいいんで、決めてしまいそうです。

    タグ

    2017年2月20日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:業務日誌

    明日は休みます。

    週末です。

    土曜日は1日デスクワーク。

    腰が痛くなりますね。


    明日は休みます。

    今週もお疲れ様でした!

    タグ

    2017年2月18日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:業務日誌

    行政文書開示請求

    今週の福岡は良い天気が続いてます。

    気温も上昇傾向、今日は最高気温18℃の予報。

    週末いったん冬型に戻って、来週は暖かい日が続きそう。いよいよ春ですかね。

    さて、建設業許可取得のために必要な要件となる「建設業経営の経験」

    これを証明するために、前勤務先より資料の提供を受ける必要があるけど、こころよく提供してもらえないケース、よくあります。

    前勤務先企業が建設業許可業者の場合であれば、建設業許可通知書を閲覧することで、証明できる可能性があります。

    また、閲覧が閉鎖となっている場合は、「行政文書開示請求」をしてみる。


    行政が文書を保管していれば、お宝資料が出てくる可能性があります。

    ただ、古い文書は保管期限が過ぎて破棄されていたり、個人が特定できる情報は開示対象外となるので、文書が開示されても、肝心の部分が黒塗りで使えない…  こんな場合も多いんですけどね。

    それでも、あきらめずにいろいろやってみることが、建設業許可取得につながります!

    福岡の建設業許可のことなら福岡シーサイド建設業許可センターホームページへ

    タグ

    2017年2月16日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:建設業許可

    いつものペースに

     マラソン大会も終わり、いつもの生活ペースに戻りつつあります。

    週末は波乗り。今年まだ2回目か

    ランニング朝練はしばらくお休み、その分仕事に集中してます。

    昨日完了した建設業許可

    1月末に申告終了した、11月決算法人の決算変更届も、今月から順次取り掛かっています。

    2月も半分経過!  まだまだ…

    タグ

    2017年2月15日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:業務日誌

    建設業許可業種追加

    この冬一番の寒波到来で、福岡も今日は雪。

    朝一から大刀洗→久留米でお客様打ち合わせだったので、高速の通行止めが心配だったけど…


    朝はそれほど雪降らず、高速も通常通り。よかった〜

    さて、大刀洗・久留米、2件とも建設業許可業種追加のご依頼。

    1件は昨年の法律改正により、とび土工工事から分離され、新しく29番目の業種として登場した「解体工事業」の業種追加。

    平成31年5月いっぱいまでは、現行の「とび土工工事業」の許可で500万以上の解体工事の請け負いが可能ですが、平成31年6月からは「解体工事業」の許可がなければ、請け負いできなくなります。

    あと2年ちょっと、あっという間です。早めの対応がいいですね。

    タグ

    2017年2月10日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:業務日誌

    このページの先頭へ