イメージ画像

古物商許可の変更届

古物商許可を取得している場合、会社の本店を移転したなどの変更事項が発生した
場合は、管轄の警察署へ許可証の書換申請や変更届を提出しなければなりません。

先日は、本店と役員を変更したお客様から変更届のご依頼をいただきましたが…

変更した日付けは、なんと3年前

変更届などの提出期限は、変更があった日から14日以内
登記事項証明書を添付しなければならない変更の場合は20日以内

では、提出期限を過ぎてしまった場合はどうなるか…

福岡県の場合は、理由書・始末書などの文書を提出する必要がありますが、
初回であれば変更届を受け付けてもらうことができています。

今まで、「数か月」の遅延案件はありましたが、3年という長期遅延は…
…あまり…

事業主の呼び出し及び罰金(届け出義務違反の場合は、最高10万円
あるのかな? と、思ってましたが、始末書提出でOKでした。

今のところ「初回は…」 って感じですが、繰り返し遅延した場合はもちろん、
初回からでも罰金を科せられる可能性はあります。  注意が必要ですね。

以下、参考まで。

書換申請が必要な変更内容

・個人許可者の氏名変更
・許可法人の名称変更(商号変更)書
・個人許可者の住所変更
・法人の所在地変更
・法人の代表者変更
・代表者の住所変更
・行商「する」・「しない」の変更 添付書類なし

変更届出が必要な変更

・主たる取扱品目の変更
・役員の変更
・役員の住所変更
・営業所の増設
・営業所の移転
・営業所の廃止
・営業所の管理者の交替
・営業所の管理者の住所変更
・営業所の取扱品目の変更
・営業所の名称変更
・ホームページ等を開設して古物の取引を行う
ホームページのURL変更
届出ていたホームページを閉鎖

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ