イメージ画像

行政文書開示請求

今週の福岡は良い天気が続いてます。

気温も上昇傾向、今日は最高気温18℃の予報。

週末いったん冬型に戻って、来週は暖かい日が続きそう。いよいよ春ですかね。

さて、建設業許可取得のために必要な要件となる「建設業経営の経験」

これを証明するために、前勤務先より資料の提供を受ける必要があるけど、こころよく提供してもらえないケース、よくあります。

前勤務先企業が建設業許可業者の場合であれば、建設業許可通知書を閲覧することで、証明できる可能性があります。

また、閲覧が閉鎖となっている場合は、「行政文書開示請求」をしてみる。


行政が文書を保管していれば、お宝資料が出てくる可能性があります。

ただ、古い文書は保管期限が過ぎて破棄されていたり、個人が特定できる情報は開示対象外となるので、文書が開示されても、肝心の部分が黒塗りで使えない…  こんな場合も多いんですけどね。

それでも、あきらめずにいろいろやってみることが、建設業許可取得につながります!

福岡の建設業許可のことなら福岡シーサイド建設業許可センターホームページへ

タグ

2017年2月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:建設業許可

平成28年度経営事項審査の定期審査

平成28年度の経営事項審査審査の定期審査は、今月20日の福岡会場での審査にて終了となります。

この日以降に経営事項審査を受審する場合は、福岡県建築指導課で個別に審査を受ける事となります。(要予約)

経営事項審査時に同時に受け付ける、平成29年度の福岡県指名願いの提出期限は今月末となります。

ちなみに、経営事項審査・福岡県指名願いの年度のサイクルは、10月〜翌年9月。

なので、平成28年10月末以降に決算をむかえた会社については、平成29年度の経営事項審査を受審する事となります。(平成29年4月より)

経営事項審査を受信する最大の目的は、指名業者となり公共工事の受注をする事。

狙う行政の指名願いの受付期間を考慮し、期日に余裕を持って経営事項審査が受けられるようにしましょう。

タグ

2017年1月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:経営事項審査

産廃収集運搬許可申請

今日の福岡は寒い朝。

今シーズン初めてコートを着ました。

日中は多少暖かくなるようですが、しっかり冬になってきたようです。

昨日は、筑紫野で建設業のお客様打ち合わせの後、宗像保健福祉環境事務所にて産廃収集運搬業許可申請。


産廃収集運搬業許可申請については、添付書類の変更がちょこちょことありますね。

最近では、車両駐車場の写真が添付書類として追加されました。

修正・不足書類も無く無事受付となりましたが、許可取得は年明けとなりそう。

標準処理期間は2ヶ月です。

タグ

平成28年度経営事項審査

平成28年度の福岡県経営事項審査のスケジュールは、
以下のとおりとなっています。

直前決算期
受付期間(目安)
審査期日(目安)
平成28年10月末
平成28年2月末まで 平成28年4月
11月末
平成28年2月末まで 平成28年4月
12月末
平成28年3月7日まで 平成28年4~6月
平成28年1月末
平成28年4月25日まで 平成28年6~7月
2月末
平成28年5月16日まで 平成28年7月
3月末
平成28年5月30日まで 平成28年7~8月
4月末
平成28年6月6日まで 平成28年8~9月
5月末
平成28年6月27日まで 平成28年9~10月
6月末
平成28年7月11日まで 平成28年10月
7月末
平成28年8月8日まで 平成28年11月
8月末
平成28年9月16日まで 平成28年11~12月
9月末
平成28年10月17日まで 平成28年12月~平成29年1月

まずは経営事項審査日程の予約

経営事項審査の予約については、専用の往復はがきを使用して
申し込みを行います。

経審予約ハガキ  県で販売1枚80円。切手は貼ってません(笑)
経審予約ハガキ

この予約ハガキを、税務署への申告終了後、なるべく早めに送付し、
審査日程を確保します。

継続して経審を受けている場合は、1年7ヶ月の有効期限を切らさない
ように、早めに行動しましょう。
 余裕あるようで、意外とあっというまに期限近づいてきますよ。

福岡シーサイド建設業許可センターの経営事項審査サポート

---------------------------------------------―

建設業許可・経営事項審査、産業廃棄物収集運搬業許可のことなら
福岡シーサイド建設業許可センターにご相談下さい!

建設業許可はこちら
建設バナー

産業廃棄物収集運搬業許可はこちら
産廃バナー

タグ

2016年2月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:経営事項審査

このページの先頭へ