イメージ画像

契約書の署名・記名・捺印(押印)

「お互いに契約書の内容に合意し、契約を締結しましたよ~」

と、いうことを後日まで明らかにするため、契約書に名前を書いたり、

印鑑を押したり。 誰でも一度は経験したことがあると思います。

一般的にはこれで、契約が成立。

営業職の方にとっては、お客さまにこの印鑑を押していただく時が、

最高の瞬間なのではないでしょうか?

 今回は、この「名前を書く」「印鑑を押す」ということについて

署名・記名押印

 冒頭にも記載したとおり、契約書への捺印などは、

「お互いに契約書の内容に合意し、契約を締結した。」ということを

証明するために行う行為。

 通常、契約書本文の最後に、その方法が、

「本契約成立の証として本書弐通を作成し、各当事者が(署名若しくは)
記名捺印の上、各々その壱通を保有する。」

のように指定されています。

「署名」

 自筆にて(住所)氏名を記載する方法。

「サイン」と呼ばれることが多いですかね。

「…署名捺印のうえ…」などと捺印を指定されていなけ

れば、有効です。

「署名捺印」

 署名+捺印。もっとも証明力が高い方法ですね。

「記名押印」

 ワードで記載したり、ゴム印で記したり、自筆以外の方法

 で(住所)氏名を記したものに、印鑑を押すこと。

 一般的なビジネス契約では、もっともポピュラーな方法でしょうか。

どれを採用すればいいの?

 どれも契約の成立には有効。 自筆で記す「署名」なら間違いないようにも

思いますが、日本の契約の場合、印鑑が押されていない契約書というのは、

あまり見ることがありません。

このへんの慣習を考慮すると、後のトラブルを避けるためには

やはり捺印ははずせないと考えたほうがよいでしょう。

捺印は実印?認印?

契約書に押す印鑑は実印か、認印か。

「絶対に実印でなければいけない」 というものではありません。

認印でもOKなのですが、認印の場合は、偽造とか、なりすましの

リスクがあります。(契約権限のない者が契約行為をおこなうなど…)

もっとも、実印でも印鑑証明書添付で確認しないと、結局は認印と

同じことになりますが。

なので、一番確実なのは、実印捺印+印鑑証明の提出。

でも、日々の商取引契約で、契約のたびにわざわざ印鑑証明を提出する

なんてこと、あまりありませんけどね。 なのでここはケースバイケースで。

金額が大きいなどの重要な契約や、初めての取引先とする契約のときなどは、

一考の余地ありです。

その他、捺印いろいろ

その他、契約書作成などのときに使用する印鑑の押し方いろいろ。
名称を混同してしまう方が結構多いので、おさらいしときましょう。

契印(ちぎりいん)

契約書が複数枚になる場合、これらが一つの契約書であることを証明するため

に押します。後から書面の追加や差し替えを防止します。

契印はページの継ぎ目ごとに押印。

契約書を製本テープなどでしっかりと袋とじしている場合は、

袋とじの帯と紙の継ぎ目に押印でもOKです。

割印(わりいん)

二枚の書類が同一のものだった証として両方にまたがって押印。
 

消印

印紙の再使用を防ぐためのもの。
契約書が課税文書に相当する場合、印紙税を納付したことの証となります。

訂正印

記載に誤りがあった場合に、適正に修正したことを証する印。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ