イメージ画像

自動車の名義変更

当事務所では、業務として取り扱っていませんが、

行政書士の業務の1つに、自動車関係の業務があります。

ディーラーさんの下請けなど、車庫証明や自動車登録手続他

自動車業務に特化している事務所さんもあります。

自動車関係の手続きは、内容自体は難しくありませんが、手間が結構かかります。

移転登録の場合だと、管轄の警察署で車庫証明とって、陸運支局に。

陸運支局内でもあっちいったり、こっちいったり……

時期によっては「激混み」で時間も相当かかります。

 販売会社から車を購入する場合は、業者側で手続き代行まで手配してくれますが、

個人売買で自分で手続きしなくてはいけない場合は、必要書類など事前によく確認

して、2度手間を防止しましょう。

 移転登録、変更登録、抹消登録必要書類の確認

   → 国土交通省九州運輸局HP

行政書士に依頼するメリット

  「自分でやっている暇がない」
  という方は、行政書士を活用してください。

  自動車関連業務を専門に取り扱っている事務所さんがベスト。
  内容・スピードとも安心できるでしょう。

時間と手間を節約

代行を行政書士にお願いする場合でも、車庫証明+移転手続きで、

金額は2万円以下。

陸運支局で半日つぶさなくていいと思えば、安いもんだと思います。

出張封印

県外ナンバーの車を購入した場合は、ナンバーの変更をする必要があるので、

名義変更手続きの際、自動車を陸運支局にもっていって、ナンバープレートを

付け替えてもらわなければなりません。

 このとき、「封印」といって、ナンバープレートを固定するネジの1箇所(後部左上)に

キャップみたいな金属をつけて、勝手にナンバープレートの取替えができないよう

封印されます。

この「封印」手続きを、一定の研修を受け、必要な手続きを経た行政書士なら、

出張して行うことができます。

この場合であれば、自動車を陸運支局に持ち込む必要はありません。

「自分で手続きに行く時間はないし、かといって車ごと預けるのは<不安…」

という方は、この「出張封印」が取り扱える行政書士を活用したらいいでしょう。

ご注意

出張封印は、すべての行政書士が実施できるわけではありません。

一定の手続きを経ている行政書士です。

※たのなか事務所では、この「出張封印」はお取扱いできません。。

また、車庫証明・移転登録等の自動車関連業務は、取り扱っていません

出張封印 福岡」で検索すると、福岡で出張封印を取り扱って

いる行政書士さんが何件か表示されます。ご依頼はそちらにお願いいたします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ