イメージ画像

こんなときの相続割合は?

次のケースでの法定相続割合は?

最近の相続では、もっとも一般的なパターン

【答え】

 妻(配偶者) = 1/2

 長女(子)  = 1/4

 長男(子)  = 1/4

【解説】

相続人は、配偶者(妻、夫)と血族(子、親、兄弟など)の
2つに分かれます。

配偶者は常に相続人となり、血族は次の順位で相続人となります。

第1順位 子   

子がいない場合は…

第2順位 親   

子はいない、親もすでにいない場合は…

第3順位 兄弟姉妹

これが基本。

なので、今回のケースでは、配偶者と子が相続人となります。


配偶者と子が相続人の場合の法定相続分は、

配偶者 1/2    子 1/2 

なので、今回の場合は…

 妻(配偶者) = 1/2

 長女(子)  = 1/2×1/2 = 1/4

 長男(子)  = 1/2×1/2 = 1/4

子は何人いても、その相続分(今回のケースでは全体の1/2)を

その頭数で割ることとなります。


遺言・相続に関すること、お気軽にご相談ください。
行政書士たのなか事務所

お問い合わせフリーダイアル

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ