イメージ画像

建設工事の種類

建設業の許可は、その工事内容により、以下の28種類に区分されています。

1.土木一式工事  2.建築一式工事  3.大工工事  4.左官工事
5.とび・土工・コンクリート工事  6.石工事  7.屋根工事  8.電気工事
9.管工事  10.タイル・レンガ・ブロック工事  11.鋼構造物工事  
12.鉄筋工事 13.ほ装工事  14.しゅんせつ工事  15.板金工事  
16.ガラス工事  17.塗装工事  18.防水工事  19.内装仕上工事  
20.機械器具設置工事 21.熱絶縁工事  22.電気通信工事  23.造園工事  
24.さく井工事 25.建具工事  26.水道施設工事  27.消防施設工事  
28.清掃施設工事

建設業許可は、この28業種の中から、自社に必要な業種を選択し、その許可を

取ることになります。

例えば、内装仕上工事を主にしている会社は、「内装仕上工事業」の

許可を取れば、内装仕上工事について500万円以上の工事を請け負うこと

ができます。

 しかし、その他の業種で500万円以上の工事を請け負う場合は、その業種の

許可を取らないと、建設業法違反ということになってしまいます。

勘違いしやすいのが、「建築一式工事業」。

建築一式工事は以下のように定義されています。

「総合的な企画、指導、調整のもとに建築物を建設する工事」

具体的には、戸建てやマンション、ビルなど1棟の建物をゼロから建てる工事

のこと。一つの建築物を建てるためには、基礎工事から柱や壁の立て込み、屋根、

電気工事、水道工事、壁を塗る左官工事、木造なら大工工事、外壁の塗装、

タイル貼、キッチン・風呂などの水廻りの工事、室内の内装仕上工事といったように、

様々な種類の工事が入ります。

これらを総合的に指導・監督、企画・調整して1棟の建物を建てるのが建築一式工事

です。

1棟の建物の建築を建築主より受注し(元請)、基礎工事・電気工事などの各種専門

工事は、下請け業者に発注しながら、建物を建築していくスタイルですね。

(建築一式工事については、1,500万円以上の工事を請け負う場合、許可が必要)

こうしてみると、「建築一式工事」の許可があれば、すべての工事を請け負えること

ができそうですが、あくまで一式で工事を請け負う場合の許可。

例えば、建築一式工事の許可をもつ業者が、他の業者の下請けなどで、内装工事

として500万円以上の工事を請けた場合は、無許可営業で建設業法違反という

ことになります。

工事区分は意外と曖昧

 しかし、この工事区分は意外と曖昧です。

前出の「建築一式工事

理論上は「元請業者にのみ」に必要な許可。

国土交通省(地方整備局)の見解としても、建築一式工事は元請業者のみ、

下請けでの建築一式工事はないとしています。

(基本的には×の「一括下請け」ができるケースもあるので、実際は100%ではない)

ところが、福岡県などでは、いくつかの専門工事が集まっている場合などは、

下請けでも建築一式工事として認めているケースがあります。

大規模改修工事などの場合や、小規模の場合でも、リフォーム工事などで、内装、

大工、塗装、建具工事が複合している場合など。

建設工事については、いろいろな工事が重なり合っているので、施工している

業者さん自体が「どの工事業種に属するのか」判断に迷うケース多々あります。

そんなときは、行政に相談しても結論がでるわけもなく、実際に許可申請された

業種をそのまま通す、というのが現実です。

「言ったモン勝ち」の世界となるのか?

 建設業許可については、上記の工事業種の他にも、基準として曖昧なもなのが

たくさんあります。

また、審査する行政担当も、「バリバリの建設業のプロ」というわけではありません。

そんな中で、今年の4月より、許可の審査が厳しくなってきています。

「ちょっと心配だから…」と、いうことで行政に事前相談に行って、検討の結果

「ダメです。」といわれあきらめた会社があれば、同内容でそのまま許可申請して、

すんなりとおってしまったり、ごり押ししてとおしたりなど、不公平な取扱もでて

きそうです。

許可基準につき、偽造や虚位がないのであれば、思い切ってせめていったほうが

いまのところは良さそうですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ