イメージ画像

法人化と建設業許可

 個人事業で建設業を営み、建設業許可も取得している。

この方が、株式会社に法人化した場合、建設業許可はどうなるか?

個人事業時に許可をもっていて、そのまま同一人物が会社を設立した
場合(法人化した場合)でも、個人→法人と経営主体が変ることとなるので、
新たに許可を取り直さなければなりません。

個人事業での許可の廃業 → 法人での新規許可取得

このような手続きの流れになります。

許可申請の書類関係は、通常の新規許可と同じかたち。なので、

「個人事業で建設業許可を取ってから、すぐに法人化することになった」

なんて場合は、短期間に同じ事を2回繰り返すこととなります。

うっかり業法違反に注意

さて、上記のように個人事業の許可を廃業して、新たに法人で建設業許可の申請をしている場合、法人での許可が取れるまでの期間(約2ヶ月間)はどのうような扱いになるのか?

この期間は、 「許可のない状態」ということになります。
なので、この期間中に500万円以上の工事(建築一式工事の場合は1,500万円以上)を受注すると、建設業法違反ということになってしまいます。

ただし、個人事業の時に既に受注済みの工事を施工することは、問題ありません。

現在個人事業で、建設業許可の取得を検討されている方は、法人化の可能性も考慮にいれ、検討されることをおススメします。


起業・会社設立、契約書、ビジネス法務、営業許可のこと
お気軽にご相談ください。
行政書士たのなか事務所

●建設業許可取得のご依頼・ご相談なら

福岡の建設業許可をサポート

相談のご予約はこちらから↓ 


お問い合わせフリーダイアル

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ