イメージ画像

建設業許可と役員登記

 建設業許可取得の要件のひとつである、「経営業務の管理責任者」

・許可を取得する会社の常勤の役員(株式会社の場合は取締役)で
・許可を取得する業種に関して、5年以上の経営経験(または、許可を取得する業種以外の
 業種の経営経験が7年以上)がある人

これが「経営業務の管理責任者」の条件です。

経営業務の管理責任者は、1日たりとも欠かすことができません。

例えばこんなケース。

“現在「経営業務の管理責任者」となっている取締役が、7月31日付けで取締役を辞任。

後任の「経営業務の管理責任者」となる人については、8月2日付けにて取締役に就任した。”

この場合、7月31日に辞任した取締役以外の在任取締役の中に、経営業務の管理責任者と
なれる経営経験を持つ人がいなければ、この会社の建設業許可は8月1日にて無くなって
しまうこととなります。(建設業許可は取り直しとなります。)

前述しましたが、経営業務の管理責任者は、1日たりとも、欠かすことができないのです。

許可を取得する瞬間だけの要件ではありません。

取締役の就退任については、会社の事情・個人の事情などで、緊急な必要にせまられる場合
もあるかと思いますが、建設業許可業者様」については、十分なご注意ください。

さて、本日は、

 ・建設業許可 許可換え新規(県知事許可→国土交通大臣許可)
 ・建設業許可 業種追加

新たにご依頼いただきました。ありがとうございます!  がんばります!

仕事も忙しいですが、こっちも気になりますね~
T12

福岡、波あがるでしょうか?

福岡天神の波乗り行政書士 たのなか事務所のご案内

福岡での建設業許可申請をサポートします。
banner_kensetsu

お問い合わせは
toiawase_big

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ