イメージ画像

行政書士ができる事

行政書士って、どんなことしてるの?

とてもよく聞かれる質問です。ここでは、行政書士とはどんな資格者なのか、どのような業務をすることができるのかを、ご説明いたします。

行政書士とは?

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理をする他、権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

行政書士が実施する業務

行政書士が行うことができる定番業務は、次の3つです。

官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務

都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署、保健所等の官公署に提出する書類の作成、相談やこれらを官公署に提出する手続について代理することを仕事としています。
いわゆる「許認可申請に関する業務」が代表的で、建設業許可、宅建業免許、産業廃棄物処理業許可、風俗営業許可、一般貨物自動車運送事業、古物商許可、飲食業許可、介護事業所指定などなど、各種許認可申請手続を行います。

「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務

「権利義務に関する書類」について、その作成(「代理人」としての作成を含む)及び相談を仕事としています。
「権利義務に関する書類」の主なものとしては、遺産分割協議書、各種契約書、念書、示談書、協議書、内容証明、告訴状、告発状、嘆願書、請願書、陳情書、上申書、始末書、定款等があります。

「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務

「事実証明に関する書類」について、その作成(「代理人」としての作成を含む)及び相談を業としています。
「事実証明に関する書類」の主なものとしては、実地調査に基づく各種図面類(位置図、案内図、現況測量図等)、各種議事録、会計帳簿、申述書等があります。

2012年1月14日

このページの先頭へ