イメージ画像

産廃収集運搬許可申請

今日の福岡は寒い朝。

今シーズン初めてコートを着ました。

日中は多少暖かくなるようですが、しっかり冬になってきたようです。

昨日は、筑紫野で建設業のお客様打ち合わせの後、宗像保健福祉環境事務所にて産廃収集運搬業許可申請。


産廃収集運搬業許可申請については、添付書類の変更がちょこちょことありますね。

最近では、車両駐車場の写真が添付書類として追加されました。

修正・不足書類も無く無事受付となりましたが、許可取得は年明けとなりそう。

標準処理期間は2ヶ月です。

タグ

産廃許可完了!

産業廃棄物収集運搬業の許可証が届きました。


山口県の場合は、申請は郵送もOK、許可証も郵送してくれるので、県外からの申請者には便利ですね。

産廃の許可に限らず、許可申請等については、郵送OKでそれをHPなどで公表している行政、公表はしてないけど、問い合わせたらOKな行政、原則NGだけど、だだこねたらOKな行政、絶対NGな行政と対応はさまざまです。

産廃収集運搬許可の場合は、都道府県によって書式、記入事項、添付書類なんかも若干違いがあるので、確認が必要です。

タグ

産廃研修

今日は朝から久留米です。

役所開庁まで、時間調整してますが、まだ1時間弱ありますね。早く着きすぎました!

さて、昨日は行政書士会の研修に出席。

テーマは産業廃棄物収集運搬業の許可。

許認可系の研修は、福岡県の実務担当者と、実務に詳しい行政書士の方が、それぞれ1時間位づつ話をする形で実施されます。

それで、ここ最近行われている研修はというと、建設業許可の研修などもそうですが、ほとんどが許可申請の概要というか、入り口部分に関する話がほとんど。

県のホームページ見れば、わかる内容ばかりです。実際、研修の中でも端々に、「ホームページ見といて下さい」とのお言葉。

もちろん、これから初めてこの業務に取り組もうという方にとっては、有益な話が多々あります。

が、別に新人行政書士さん用の研修も実施しているわけで、全会員対象の実務研修で3時間まるまる話す内容ではない気がします。

せっかく業務に詳しい方に登壇していただいているので、もう少し実際の事例なんかを交えたお話や、役所との具体的な折衝事例、ここ最近の動向などの話を聞きたかったですね。

顧客情報の問題もあるので、なかなか難しい部分もあるのかもしれないですけどね。

「 個別に聞きに来てもらったら、何でも教えます。」

とは言われていたので、ありがたいお話ではあります。

タグ

産廃収集運搬業許可

本日朝1番は福津市。

産業廃棄物収集運搬業許可の新規のお客様と

打ち合わせ。建設業者の法人様です。

建設現場の産業廃棄物。元請け建設業者が

自ら運搬する場合は許可不要だけど、下請け

業者が運搬する場合は産廃収集運搬業許可が

必要。

なので、元請け業者より許可取得を要望される

ケースが増えています。

「ホントにたまにしか運ばないから、いいか!」

とはいかないですからね。

手間と費用かかりますが、準備しておくに

越したことはありません。

タグ

このページの先頭へ