イメージ画像

社内規定は必要?

小さい会社でも社内規定は必要か?

組織が少人数で、経営者の目が隅々まで届くのであれば、

社内規定は無くてもいいかも知れません。

 ただ、少人数でも従業員を雇う会社であれば、

就業規則だけは備えておきたいところです。

就業規則は、常時10名以上の従業者を使用している事業所には

作成が義務付されてます。

が、たとえ10名未満の会社であっても、従業員を雇うということは

雇用契約を結ぶということなので、労働条件については就業規則及び

雇用契約書できちんと文書化、提示しておくことが、後の労使トラブルリスク

回避のためには重要なことです。

就業規則の記載如何で、裁判の結果が左右された事例もあります。

就業規則の作成は誰に相談すれば?

労働法関係の専門家は社会保険労務士。

労務管理、労使トラブルのリスク管理などをサポートしてくれます。

→ 全国社会保険労務士連合会

福岡で就業規則を作成してくれる社労士さん

福岡で、しっかりとした就業規則の作成をはじめ、労務関係の手続、

コンサルをしてくれる社労士事務所さんです。

社会保険労務士法人・労働保険事務組合 アシスト
福岡市早良区祖原12-4-1F  092-842-1700

就業規則の作成などの社労士業務をはじめ、厚生労働省認可の

労働保険事務組合も併設。事業主も加入できる労災保険も取扱います。

中小企業の労務リスク管理の強い味方ですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ