イメージ画像

法人化と税金

個人事業からの法人化(会社設立)する理由は会社により

さまざま。でも、やはりみなさん気になるのは税金のこと。

「法人にすると節税になる」

確かになる場合もあります。

ただし、全ての会社が法人化することで節税できるわけではありません。

また、 「節税したい = コストを削減したい」 という観点で考えると、

法人化することで、税金は安くなったけど、その他のコストが上がって

かえって支出は増えた…  なんてこともあるかもしれません。

このあたりは、会社によって千差万別なので、顧問税理士さんなどいらっしゃれば、

よく内容を検討してもらうのがベストですが、参考程度に、単純化した例で比較して

みたいと思います。

個人の税金、法人の税金

まずは個人と法人、それぞれの税金のしくみから見てみましょう。
(福岡市を想定)

個人の税金

個人事業にかかる税金は、「所得税」「住民税」「個人事業税」 の3種類で、税率は以下によります。

■個人所得税の税率

課税所得金額 税率 控除額
195万円以下       5% 0円
195万超 ~ 330万円以下 10% 97,500円
330万超 ~ 695万円以下 20% 427,500円
695万超 ~ 900万円以下 23% 636,000円
900万超 ~ 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超 40% 2,796,000円

課税所得金額とは

総収入(売上等)-仕入・経費-所得控除額 = 課税所得金額

■個人の住民税(市税、県税)の税率

所得割   10%   均等割  4,500円

■個人事業税の税率 (個人事業税の税率は、業種により異なっています)

  業種 税率
第1種事業 物品販売業、保険業、運送業、飲食店業、不動産業、広告業など    5%
第2種事業 畜産業、水産業、薪炭製造業    4%
第3種事業 医業、士業、コンサルタント業 など    5%
あんま、マッサージ業 など    3%

法人の税金

法人にかかる税金は、「法人税」「法人住民税(市及び県)」「法人事業税」の3種類で、 税率は以下によります。

■法人税の税率(資本金1億円以下)

法人所得額 税率
800万円以下     18%
800万円超~     30%

■法人市民税

・法人税割(法人税額×税率)

資本金等の額 税率
1000万円以下     13.9%
1000万円超~     14.7%

・均等割りの税額

資本金等の額 税率
1000万円以下     50,000円
1000万円超~    120,000円

■法人県民税

・法人税割(法人税額×税率) = 5%

・均等割りの税額

資本金等の額 税率
1000万円以下     21,000円
1000万円超~     52,500円

■法人事業税

所得のうち 税率
400万円以下        5.0%
400万円超~800万以下        7.3%
800万円超~        9.6%

 

この他、事業主(役員ですね)は会社から役員報酬をもらうことと
なるので、これにかかる所得税も考慮にいれることとなります。

しかし、税率だけ並べてみてもピンときませんね。

次の記事で、具体的な事例でシュミレーションして、比較したいと

思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ