イメージ画像

平成23年の給与源泉徴収

会社が従業者(役員も含みます)に給与(報酬)を支払う場合、

あらかじめ税金分を差し引いて支給(源泉徴収)しますが…

この源泉徴収事務、平成23年1月1日以降支払う給与より、

ちょっと変更があります。

平成22年度税制改革により、扶養控除に関して以下の事項が変更となりました。

・16歳未満の扶養親族の扶養控除(38万円)廃止
・16歳以上19歳未満の人の扶養控除上乗せ(25万円)廃止
  いままでの控除額63万→38万に
  上乗せになるのは、19歳以上23歳未満に


たとえば…

お父さんの毎月の給与(社会保険料控除後)45万円
専業主婦の奥さん、10歳の長男、7歳の次男という家族構成の家庭の場合、

いままで(平成22年まで)は、

扶養控除申告書

 赤枠のところに子供2人の名前を
 書いて、奥さんもあわせて
 扶養親族3名で…

源泉税額はここでした。


これが平成23年から

扶養控除申告書


扶養親族は奥さんのみということに…

住民税のほうは平成24年からとなるため、今年度は住民税
用に下部に記載。


源泉税額はここで、ちょっとUPします。

今年最初の給与支払いの際、間違えないように注意しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ